« 欧米じゃない輸入車/CBR150R | トップページ | FTR供養/FTR223 »

2006年6月28日 (水)

CBRの野望、NSRの憂鬱/CBR150R

今回CBR150とNSRリパイブで最後まで迷いに迷った。どちらが速いかで選ぶのだったらこんなに考え込まなかっただろう、もちろんNSRの圧勝である。カタログスペックを見ただけでも検討するまでもなく、どちらが速いかなど結論は出る。しかしならばなぜCBR150を選んだのだろうか、もちろんカラーリングやスタイルの問題だってある。でもそれだけじゃあない。

ビッグパワーよりも必要なもの

実は先代通勤号であるFTRが壊れてから先、バイクが1台しかない。FireStormだ4st2気筒1000cc、2st単気等150ccにエンジン出力で負けることはないが。通勤に向いてるバイクじゃない。当然、これだって本当に気に入って買ったバイクなのだけど重く、小回りが利かず、車幅があり、何よりこれからの時期エンジン廃熱が洒落にならない。アクセルを空けることのできる所では、100でも200でも出るけれど渋滞には全く無力だ、今日は本当にそれを痛感した。

僕の職場は自宅から20Kmほど離れており、平日だと片道おおよそFTRで45分FireStomeで60分自転車で50分といったところだ。なら自転車を使えば良いと言われるかも知れないが、さすがに毎日では疲れる。都市部に住む人なら解かって貰えると思うけれど、通勤に必要なのは加速性能でもトップスピードでもなく、車体の細さと軽さ。それから燃費なのである。つまり僕の用途に限って言えばあらゆる面でCBR150はNSR150を凌駕しているのだ。

そこまで言うのは少々言いすぎかもしれないが、速いバイクを速く乗れるのは当然であり、例えばFireStormでNSR150を直線でちぎっても大人気ないし、なによりも遅いバイクを速く乗れたほうが圧倒的にかっこいいのである。

|

« 欧米じゃない輸入車/CBR150R | トップページ | FTR供養/FTR223 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122128/2493308

この記事へのトラックバック一覧です: CBRの野望、NSRの憂鬱/CBR150R:

« 欧米じゃない輸入車/CBR150R | トップページ | FTR供養/FTR223 »