« CBRの野望、NSRの憂鬱/CBR150R | トップページ | そのうち出そうな雑多な新製品 »

2006年6月30日 (金)

FTR供養/FTR223

Photo_1

今日、売却先の業者から廃車証明が届いた。これがないと自賠責を新しいバイクに移せない、速く届いてほしいと待ち望んでいたはずだが、でもなんだか今まで乗っていたこのFTRについてちょっと書いてみたい気分だ。

選んだ目的は今回とほぼ同様であり、車検がなく高速道路を走行可能な125以上250未満の排気量で足として使える安いバイクであること。今回との違いは特に思いいれもなく買った下駄だったってことだ。

スクータで無ければ本当に何でもよかったのである、バンバンでもTWでもFTRでも、選んだ理由はカタログスペックで若干エンジン出力が上回っていたからでしかない。乗り出したときは本当に遅いと思った、取り柄は低速のトルクと車体の軽さ、旋回性の良さ位しか気が点いてあげられなかった。

ハンドル幅が広かったのですり抜けがしづらく、すぐにこれを替えた。次に替えたのはプラグだイリジウムを入れて少しトルクが太くなった気がした。いつの間にか愛着が出てきた、タイヤを替えチェーンを替えマフラーを替え、ミニサーキットに通い、ファイナルを替えステップ位置を替え騒音規制からマフラーを戻し、バンク角のために叩きタンデムステップを取り外し。

そして、2年間毎日通勤に使った。

たった2年だったとは信じられないほど長く乗ったように感じる、僕の乱暴な運転にもよく耐え、でも限界が来てしまったようだ。

彼には本当に心からの謝辞を述べたい。

|

« CBRの野望、NSRの憂鬱/CBR150R | トップページ | そのうち出そうな雑多な新製品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122128/2493309

この記事へのトラックバック一覧です: FTR供養/FTR223:

« CBRの野望、NSRの憂鬱/CBR150R | トップページ | そのうち出そうな雑多な新製品 »