« 外す勇気とペナルティ/CBR150R | トップページ | 小排気量エンジンとライダー軽量化 »

2006年7月15日 (土)

1000Kmオイル交換/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングランキング参加中、クリックしてね。

06_11_14_11 06_11_14_12
Sany0007

CBR150を購入から1000Kmを走ったので、初回のオイル交換をした。

作業方法などはすでにほかのオーナー様のブログでも書かれていることだし、そもそもにして僕に出来る範囲の難しい作業でもないのだけど、自分の言葉で表現するということも大事だと思う。

●用意するもの

必要な物

  1. 廃油処理箱(商品名はまちまち)
  2. オイル1L
  3. プラスドライバ
  4. 17mmメガネ

あると便利な物

  1. ラチェットハンドルとソケット
  2. ぼろ布(ウエス)新聞紙
  3. オイル受け
  4. オイルジョッキ

●作業方法

1.まずプラスドライバでアンダーカウルのネジを取り外す、片側3箇所・合計6箇所。

2.ネジを取り外したら次にアンダーカウルを取り外す。

3.エンジン下側のドレンボルトの下に廃油捨て用の箱またはオイル受けを用意し、17mmのメガネでドレンボルトを取り外す。(写真右上中央部のボルトおよび写真下段を参照)

このときドレンボルトやパッキンをオイルの中に落とすと面倒。また僕のような素人はまず手をオイルまみれにしてしまうので、ここで新聞紙が役立つ。またオイルがエキパイにあたって地面を汚してしまわないように注意したい。

4.車体を立てたり、前後に揺するなどしてオイルをより多く抜いた方がよいが、その場合規定量以上にオイルを用意しておいたほうがいいだろう。

5.ドレンボルトを締め、注入口(写真左上中央部を参照)より新しいオイルを入れる。

6.オイルキャップを閉め、逆の手順でアンダーカウルを取り付ける。

●注意点

アンダーカウルを取り付ける際に傷をつけてしまった。後日写真をUPするがほかのCBR125/CBR150オーナーの方々には注意をしてもらいたい。

P7261341_1 

|

« 外す勇気とペナルティ/CBR150R | トップページ | 小排気量エンジンとライダー軽量化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122128/2669374

この記事へのトラックバック一覧です: 1000Kmオイル交換/CBR150R:

« 外す勇気とペナルティ/CBR150R | トップページ | 小排気量エンジンとライダー軽量化 »