« 今週見つけた雑多な新製品(AIR BLADE追加記事) | トップページ | 中田順平のフォトジェニック・ワールドエンド/CBR150R »

2006年7月 8日 (土)

納車から1週間セカンドインプレッション/CBR150R

さて、前回故障ではないかと疑っていたCBR150のギヤ抜けに関する症状も、某掲示板にて相談を持ちかけてみたところ、どうも仕様ではないかということで落ち着いた。

貴重な情報をご教授下さった諸先輩方にはこの場にて改めてお礼を申し上げたい。

●CBR150のギヤ抜けに関するまとめ

お前の乗り方が悪いと暖かくも厳しいお叱りを受けたものの、自身の備忘録としてまとめを記載したい。

・5速から6速へのシフトアップ時に起こりやすい

・シフトタッチに異常を感じる

・低回転でシフトチェンジをした後にアクセルを開け始めると、ギヤ抜けしやすい

・6千回転以上でシフトチェンジすれば防げる

・クラッチを繋ぎきるまで、足を戻さないようにすれば防げる

・ある程度距離を乗れば、ライダーが慣れるのかバイクが慣れるのか抜けなくなる

ただしどうも傾向としては、そういった癖のあるバイクであることは確かなようで、日本語で書いても無意味かも知れないが、タイホンダには更なるクオリティアップに期待したい。

●ただ今の積算距離246km

CBR150に乗り始めてから1週間が経過した、改めて先のファーストインプレッションを見直してみたが大きく印象の変わった点は無い。

まず主観に過ぎないが、どうも6千回転以下のトルクが細いように感じる。逆にそこから上はトルクが太くなり非常に楽しい。ただし、いわゆるピーキーという語感から得られる高回転粋のハイパワーとも少し違う。

チョット気張って走るときには7千回転以上を維持しながら走るとよいだろう。このクラスのバイクは普通に走るだけでも様々な操作を楽しめるのがうれしい。

若干気になった点だが、アクセルの遊びが大きいように感じる、またアクセルを最大角度まで持っていくためにかなり手首を回さないといけないのも疲れる、ハイスロットルが欲しいところだ。

|

« 今週見つけた雑多な新製品(AIR BLADE追加記事) | トップページ | 中田順平のフォトジェニック・ワールドエンド/CBR150R »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122128/2546494

この記事へのトラックバック一覧です: 納車から1週間セカンドインプレッション/CBR150R:

« 今週見つけた雑多な新製品(AIR BLADE追加記事) | トップページ | 中田順平のフォトジェニック・ワールドエンド/CBR150R »