« 富士スピードウェイに新コース・バイク持ち込み走行破格の1日3000円 | トップページ | 一日3000円で走れるサーキット続報 »

2006年7月25日 (火)

こんなタンデムバーなら私はいらない私は付けない/CBR150R

Cbr150_7_25_1

先日、CBR150のタンデムステップを撤去したが、何かがおかしいことにもちろん気が付いてはいた。
タンデムステップが要らないのであれば当然タンデムバーも不要なのだ。

●CBR150のタンデムバーの撤去

1,タンデムシートを取り外す。
2,タンデムバーをとめているボルトx4を6mmのヘキサゴンではずす。
3,タンデムバーを取り外す。
4,空いた部分を適当なボルトで埋める。

今回、ついでなので荷掛け用のフックと思われるボルトも、小さなものに交換した。こちらは5mmのヘキサ。

Cbr150_7_25_5

Cbr150_7_25_4 Cbr150_7_25_3

Cbr150_7_25_2

いかがだろうか、だいぶすっきりとしたように感じる。

気になる軽量化の効果だが、家庭用の秤なので正確性には欠けるかも知れないが約1.5kg軽くなったようだ。これらの部品がいかに軽量であるかが分かる、またこれに自作マフラーステイや交換ボルトの重量が加わるので1Kg強減といった所だろうか。

Cbr150_7_25_6

軽量化による燃費向上であるだとか、そういったことよりもスタイリングの変化を狙ってのことなので、良しとしておこう。

余談だが、編集部の意向により広告欄を設ける運びとなった、目障りかも知れないがご容赦いただきたい。

|

« 富士スピードウェイに新コース・バイク持ち込み走行破格の1日3000円 | トップページ | 一日3000円で走れるサーキット続報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122128/2798542

この記事へのトラックバック一覧です: こんなタンデムバーなら私はいらない私は付けない/CBR150R:

« 富士スピードウェイに新コース・バイク持ち込み走行破格の1日3000円 | トップページ | 一日3000円で走れるサーキット続報 »