« 日常点検の結果/CBR150R | トップページ | ひき逃げ »

2006年11月 1日 (水)

ヘッドライトバルブとスパークプラグ交換/CBR150R

Cbr150_06_10_31_09

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキング200位以下に大転落中、カンフル剤をぽちっとお願いします。

先日報告したとおり、購入したヘッドライトバルブ、ELDポジション球(元ウインカー)、スパークプラグをCBR150に取り付けたのでレポートしたいと思う。

●CBR150Rのヘッドライトバルブ交換

  1. アンダーカウルミドルカウルをプラスドライバで取り外す。
  2. メーター横のプラスチックのカバーをプラスドライバでビス二本をはずし、取り外す。
  3. メーターを固定しているビスを、10mmのメガネで外す。
  4. 取り外したいレンズの方向にハンドルを切り作業スペースを確保する。
  5. ヘッドライトバルブの台座を押し込みながら左に回して取り外す。
  6. ヘッドライトバルブを交換する。PH7の場合台座部分に目印のでっぱりがあるので、これを上方向のくぼみに合わせて差し込む。
  7. ヘッドライトバルブの台座を取り付ける。

説明だけだと長いが実際にやってみると単純な作業であるので安心していただきたい。またCBR150Rの取扱説明書が手元にあればP42からの挿絵を読むことで、ある程度は作業内容を把握できるだろう。

Cbr150_06_10_31_01
Cbr150_06_10_31_03Cbr150_06_10_31_04

写真上がウインカー(左)とヘッドライトの台座(右)になる。写真左下がウインカーの取り付け口、写真右下がヘッドライトバルブを取り付けにおそらく失敗したところになる。きちんと目印位置を確認しないと上手く付かないので注意していただきたい。

●CBR150のスパークプラグ交換

  1. ミドルカウルまでを取り外す。
  2. 車体前方から見てラジエターを固定している正面左側のビスを10mmのメガネで外す。
  3. 車体前方から見てラジエターを固定している右側方のビスを同じく取り外す。
  4. ラジエターを前方にずらして、プラグキャップへのアクセスを確保したら、これを引っこ抜く。
  5. 車載工具のプラグレンチを14mmのメガネと組み合わせて使用し、スパークプラグを緩める。ある程度緩めたら手で直接回したほうがいいだろう。
  6. プラグを交換する。
  7. プラグレンチを差し込みまず左(緩め)方向に数回手で回し、かちりと言う感触を得てから右(締め)方向に手で回して行く。これはねじ山をつぶさない様にする為であり、始めからメガネで締めて行くと斜めに締めこんでしまう危険があるためである。
  8. 手で締め切ったところから約半周程度メガネで締め付ける。本来は規定トルクを計測するべきだが現実に難しいので約半周とする、ただしあまり強く締め付けるとネジ穴を破壊するので注意。感覚的にはきゅっと締めるくらいであり、ぎゅっと締めると締めすぎになる。
  9. プラグキャップを押し込み、一度エンジンを掛けて正常に動作することを確認したらラジエター、カウル類を戻す。

プラグ交換はけして難しい作業ではないが、クランクケースに直接触る作業であり万が一失敗した際の修理費は高くつくので僕のような破壊魔は十分に注意して作業に当たるように心がけたい。

Cbr150_06_10_31_05 Cbr150_06_10_31_06
Cbr150_06_10_31_07 Cbr150_06_10_31_08

写真上段がそれぞれラジエターを固定しているビスになる。写真下段はプラグキャップとそれを取り外したところ。ところでスパークプラグを取り外す際、指が届かなかったのでラジオペンチをつっこみ引き抜いたのだがほかのオーナーはどうされてるのだろうか。

●作業完了後

Cbr150_06_10_31_10

今回、CBR150R小僧化計画の第一歩としてヘッドライトを30W1個に交換しているのだがなかなかに明るい、・・・のは良いのだけれどハイビームに切り替えると消灯してしまう。なぜだ。

またLEDウェッジランプは商品によってはウインカーやポジションとして使用するには光量が少ないようだ。

P IHC.MonotaRO インターネットホームセンター

|

« 日常点検の結果/CBR150R | トップページ | ひき逃げ »

コメント

ヘッドバルブの交換とプラグの交換お疲れ様です。

プラグを取り出すときは無理やり指を突っ込みました。

せっかくライトバルブを交換したのにHIビームがつかないのは残念です。

LEDランプの明るさはそんな感じです。私は明るさよりもポジションがついていることに満足しているので、あまり気にならないです。

投稿: ジュン | 2006年11月 1日 (水) 23時25分

書き込みどもです。
HIビーム点灯不良の原因が分からないのですが、これで次回のネタができたと思えばまぁいいかなと。

確かにポジションが付かないのはなんとも、物悲しいですからね。もしかしたらLEDウェッジ球でももう少し明るい物があるんじゃないかと思うので、次はバイク屋以外の店を当たってみます。

投稿: 中田順平 | 2006年11月 2日 (木) 03時01分

初めまして。
CBR150R '06モデルの赤に乗っている、飛鷹と申します。
以前から、度々こっそりとお邪魔していました。
少し前の記事へのコメントで、申し訳ないです。

碧眼のCBR、格好いいですね(^^)
ライトも明るくできますし、「上手いな」と思います。
ゼッケンも遠目から見たらビニールテープだなんて気付かないだろうし、良いですね。
他のカスタムやメンテナンスも、参考にさせてもらいます。

私事になりますが、今、スパークプラグを引っこ抜こうと四苦八苦しています。
チョークの引きすぎによるプラグ被りや、寿命が来ている恐れがあるので、確認をしたいのですが・・・。
プラグの位置が奥まっていて、さらにプラグキャップが硬いので、力任せに引っこ抜いて良い物か悩んでいます。
中田さんの記事を参考にて、明日もう一度チャレンジしてみます。

投稿: 飛鷹 | 2006年11月24日 (金) 00時51分

>>飛鷹さん
コメント有難うございます。

プラグキャップですが、力任せに引っ張るだけです。
ただしケーブル部分を引っ張らないようにしましょう。

僕の場合は問題になったのが、スパークプラグそのもので性格と裏腹に指が太く短いのでプラグまで届きませんでした。

参考になりましたら幸いです。

投稿: 中田順平 | 2006年11月24日 (金) 02時13分

本日、再びプラグチェックにチャレンジしました。
マイナスドライバーでこじって、何とかプラグキャップを外すことは出来ました。
でも次はプラグ自体が硬くて、結局断念しました。
プラグレンチを車載の14mmスパナと組み合わせたのですが、全く動かせませんでした。
もっと精度の良いメガネレンチがあれば、結果が変わる可能性もありますが、手元に無いのでちょっと手詰まりです。
とりあえず、後日またやってみます。

一つだけだけど進むことが出来たので、あと少し、頑張ります。

投稿: 飛鷹 | 2006年11月25日 (土) 01時08分

>>飛鷹さん
車載工具の精度の問題というよりも長さが短いからではないかと思いますが、トルクを掛ける場合は出来る限りめがねを使いたいところですね。いずれにせよもう少しですね頑張ってください。
それからオーナーリンクのところに追加をさせていただきましたのでよろしければ相互にしませんか?

投稿: 中田順平 | 2006年11月26日 (日) 00時27分

03年モデル・レプソルカラーCBR150Rのオーナーです

ヘッドライト交換の際に参考にさせていただきました
ありがとうございます

投稿: 斑鳩 | 2013年1月 7日 (月) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122128/4025389

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドライトバルブとスパークプラグ交換/CBR150R:

« 日常点検の結果/CBR150R | トップページ | ひき逃げ »