« もうすぐ出そうな新製品06/11/25 | トップページ | 今週見つけた主だった新製品 »

2006年11月27日 (月)

ERF125RS改(公道仕様)こっそり発売中?

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキング願いします。

以前エンデュランスが発売していたCBR125RRは「国内ホンダからの圧力により販売停止に追いやられた」ともっぱらの噂であるが。競技車両であるERF125シリーズは現在でも販売が継続されている。その中にCBR125RSというモデルがあることはご存知であろうか。

商品説明を抜粋すると

ERF125RSは、CBR150Rをベースに、新開発ピストンを組み込み124.7cc化を施す事でイージー&リーズナブルにレース参加出来るよう作られた、ENDURANCEオリジナルのスペシャルモデルです。
耐久レース等にも参加できるようにライト等を取付けたモデルです。

となっている、早い話がCBR150をボアダウンしてミラーを取り外したモデルということのようである。ここにミラーと国内保安基準に適合したウインカーを取り付ければ、手軽に公道走行が可能な車体となる。

●ERF125観察

一昨日の話だがモトピットジュンに来店した際、同店オリジナルのERF125RS改公道仕様モデルを発見したので写真を取らせていただいた。

Sany0015

フロントだけを見るとCBR150との違いはわからない。

Sany0016

横から見るとERFのロゴが入っており、しっかりと"対策"がされていることが伺える。しかしどうせならタンクの方も同色にペイントしたいところだ。

Sany0023

メーター周りは150と全く同じである。

Sany0018

写真左側がERF125RS改、右側がCBR125R(ヨーロッパ仕様)、余談だがマフラーとブレーキランプ、ウインカーの違いが見て取れる、またリヤ周りではタイ仕様がブレーキランプとナンパー灯を併用し、ウインカーを内蔵しているのに対し、ヨーロッパ仕様ではブレーキランプ、ナンバー灯、ウインカーがそれぞれ独立している。

Sany0024

タンクのアップだがこのシールをはがすと羽っぽい何かが出てきて非常に危険な予感がする。ここもしっかりと"対策"済みのようである。

さて、原付2種登録可能でファミリーバイク特約の利用可能なこのERF125RB改公道仕様だが同店では¥344,800で販売している。125クラスのスポーツ車を探しているのならば一度足を運ぶ価値はあるだろう。

●ERF125RSがエンデュランスオリジナルマフラーを採用しない理由を邪推してみる

ここから先は僕の勝手な憶測だがおそらくエンデュランスの代理店なら何処でも同仕様のERF125RSショップオリジナルカスタム車両が購入可能ではないかと思う。少なくとも名古屋のエンデュランス代理店グリーンパークでは同様の車体を販売していることを確認できる。気になる方は近くのエンデュランス代理店に相談してみてはいかがだろうか。

今回紹介したERF125RSだけれども、エンデュランスも"それ"を前提に卸しているのではないかとの質問には同店店長も苦笑を返すだけであった。

撮影協力:モトピットジュン

CBR125RR生産終了の告知と製品案内
http://www.endurance.co.jp/thai_list_cbr125rr.htm

ERF125RS製品案内
http://www.endurance.co.jp/race_list_erf125rs.htm

|

« もうすぐ出そうな新製品06/11/25 | トップページ | 今週見つけた主だった新製品 »

コメント

プラグを抜こうと必死になっていた飛鷹です。
その後、彼氏に手伝ってもらって何とかプラグを交換することが出来ました。
プラグがかなり硬かったらしく、彼氏も苦労していました。
今回の交換でプラグレンチが変形してしまったので、新しいプラグレンチの購入を考えています。

グリーンパークは私がCBR150Rを購入したお店です。
公道仕様のERF125も、置いてあるを見たことがあります。
じっくりと見たわけではないですが、CBR150とそれ程変わらなかったように思います。
タンクはきちんと対策してありました。
でもERFのロゴは無かったように思います。
丁度明日、先延ばしにしていたオイル交換に持って行くつもりなので、チェックしてこようと思います。

リンク、ありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきました。
これからも、宜しく御願いします。

投稿: 飛鷹 | 2006年11月28日 (火) 00時50分

>>飛鷹さん
プラグレンチが曲がるほどとは・・・彼氏さんもお疲れさまです。
ERF125はいかにもプライベーターらしいペイントなのですが、あの独特のかっこよさはなかなか人には理解してもらえなさそうです。
しかしやろうと思えば車体購入後にカウルだけCBR150Rの物を注文して元のカウルをヤフオクに転がすということも可能ですね。

多分クレームをつけられないようにするためにウイングマークとCBRのロゴを消す必要があったんだと思います。
ファミバイ特約を考えるとおそらくCBR150Rよりも125の方が売れていたでしょうから販売停止に追いやられたことはエンデュランスとしては非常に痛かったに違いありません。
ERF125RSは本当に苦肉の策ですが、現在の少ない小排気量二輪車ラインナップの中に刺さる一筋の光明なのかも知れません。

投稿: 中田順平 | 2006年11月28日 (火) 01時53分

中田さん初めましてっぽ(。。
CBR150で検索したら見つけたのでやって来たただおと申しますっぽ(。。
当方も150Rを持ってますっぽ(・・
CBR125RRに関しては自分はレースのホモロゲーション取る為だけにエンデュランスさんが限定販売してただけだと思ってましたっぽ
(150を125ccにしてもレースで認可されないから125ccで販売してたって既成事実が欲しくてやってたもんだと・・・・)
ERFはあくまでレースベース車の販売だから部品供給サポート以外何もいらないし、販売店サイドが勝手に改造して売るわけだからエンデュランスさんにしてみれば気楽なんじゃないかなっぽ(・・
そう思ってましたっぽ(・・;
一応自分のブログのアドレスも貼っておきますぽ(・・
ゲームプレイのブログですが気分で車・バイクネタも書いてるっぽ(・・
また見にやって来ますので宜しくお願いしますっぽ(。。

投稿: ただお | 2006年11月28日 (火) 12時02分

>>ただおさん
初めまして、コメント有難うございます。
一応CBR125RRのページが残っていたみたいなのでリンクを追加しておきました。リンク先を読む限りではやはり販売当時原付二種であることを強く意識していたようですが、レース出場資格を取るためといった側面もあったのかもしれませんね。

投稿: 中田順平 | 2006年11月28日 (火) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122128/4328006

この記事へのトラックバック一覧です: ERF125RS改(公道仕様)こっそり発売中?:

« もうすぐ出そうな新製品06/11/25 | トップページ | 今週見つけた主だった新製品 »