2007年3月18日 (日)

タイヤ交換/CBR150R

20070317109

リヤタイヤのセンター付近でスリップサインが出始めてきたので保土ヶ谷のMCタイヤランドでタイヤ交換を行った。写真はピット中の風景。

選択したタイヤはBT39SSでF80/90-17(¥6100)、R100/80-17(¥7100)

作業は非常に迅速、見る見る間に交換が完了した。作業工賃は2000×2で4000円非常に安価であると思うがどうだろう。

タイヤ交換と同時にバルブの劣化も指摘されこちらも交換した。タイヤ+バルブ+交換工賃+廃タイヤ処理でしめて18500円。

作業後にチェーンの張りが強すぎるとアドバイスを頂いた、これだけでも3~4馬力のロスをしてしまうことがあるとのこと。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

転ばぬ先のウインカー交換/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

20070314103

前回の転倒を教訓にウインカーの交換を行うことにした。今回選択したウインカーは両面シールで自由な位置に取り付け可能なエアロフラッシュだ。取り付けは非常に簡単でもともとついていた配線を差し替えるだけである、価格も3500円前後と割りとリーズナブルであることもありがたい。

貼り付け位置はミラーにした。ここならおそらくはウインカーが壊れるだけで済むだろうし今後スポーツ走行を行う際にミラーとウインカーを同時に取り外すことも出来る。難点はケーブルが届かないことぐらいだろうか。これも用品店等で販売している延長カプラなどを利用することで解決可能。

僕のCBR150はエンデュランスのウインカーが取り付けられていたが、転倒時にウインカーの土台になっていたカウルにまでダメージが及んでしまった。

もともとの設計では国内基準を通らず、本来ウインカーを取り付けることを想定していない箇所に取り付けられているのだから仕方が無いかも知れないが、あらかじめ交換しておく事を強くお勧めする。

SEC/ エアロフラッシュAタイプ

デイトナ/ モーターサイクル用配線コードセット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

FSWカートコースラップタイムに掲載/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

FSWカートコースでは、ラップタイムをWEB上で掲載しており走行後に掲載希望の旨を専用の用紙に書き込むことで追加される。

●コースレコードの下から4番目

先日の走行後に掲載希望を行ったので、3/12日の更新に追加されている。こういった場所での走行を未経験の人にしてみれば小さいところをぐるぐる回って何が楽しいのかと思われるかも知れないが、バイクで走ることが好きなら必ず楽しいと思ってもらえるので是非一度足を運んでみていただきたい。

さて、タイムを縮めるために3箇所程度CBR150に手を加えたいと考えている。タイヤとステップと後もう一つは目論見が当たったらお伝えしたい。外れたときは無かったことにするつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

初転倒/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

今朝通勤時に転倒した、リヤタイヤからのスリップダウンだ。ペースしては雨天と言うこともあり普段よりも大分抑えていたのだがオイルでも踏んだのだろうか、こういうこともあるだろう。ブログのネタぐらいにはなりそうなので、今回のダメージを紹介しておく。

●ウインカー

20070311060
2007031106320070311066

ウインカーは完全に壊れてしまっているので交換が必要である。ウインカーに押されて土台になっていたカウルも割れてしまっている。この取り付け方には強度的に少々疑問である。

●ブレーキペダル

20070311062

少々曲がってしまったが踏めるので問題なし、踏み辛くなる様だったら適当なめがねなどを使って曲げ戻すところだが、そうするまでも無さそうなので今回は現状のままとする。

●ハンドル周り

2007031107120070311072

クラッチとバーエンド、どちらも問題なし。

20070311058

ハンドルカバーに穴が開いてしまっている。

20070311073

これで問題なし。

●装備

雨天であったためレインコートを着ていたのだが、これは穴が開いてしまっていたので破棄。虫の知らせが働いたのか今日は運がいいことに先日購入したレーシングブーツを使用していた。

20070311079
2007031107720070311078

勿論この程度のダメージならそのまま使用するのだが、面白いことにダメージを受けた箇所は全て交換可能、中々良くできたものである。

●怪我

20070311083

いつでも安全装備なので、膝にごく軽い擦過傷と打撲のみ。何よりスピードを出していなかったのが大きい。

雨が降っていたため転倒したのか雨が降っていたため大きな怪我をしなかったのかは微妙なところである。

| | コメント (37) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

今週見つけた主だった新製品

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

エンデュランスはCBR150Rにオーリンズ製サスペンション等を備えた同社オリジナルチューニングモデルCBR150R typeRにノーマルカラーのカウルを取り付けたCBR150R typeR Blackを発表した。価格はレッドモデルより据え置きでレプソルカラーのtypeRよりも、4万2千円安い50万4千円となっている。

50万円を出せるなら、パワーで圧倒的に勝る4stマルチの250なども視野に入ってくるが、シングルスポーツに深い愛着を持つ人やどうしても150CCでなくてはならないオーナー候補に是非お勧めしたい。

なお、WEBの説明からはフロントサスがオーリンズ製となっているかの判断がつかないが、買う気もないのにプレス気取りで質問できるほど人間終わっていないので、本気で購入を検討しているならばご自分で調べていただきたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

野次馬BikeWatch

ヤフオク出品業者のSiamWorldがCBR150用のカスタムカウルセットを出品している。

出品タイトルによると同じ出品物はこれが最後となるようだ。ということはひょっとすると次からはクオリティのアップした商品に切り替わるというのは少々深読みしすぎだろうか。

1円からの出品だがすでに入札が入っており、過去の落札状況を見ると今回も激戦は必死と見てよいだろう。

しかし出品者自ら「非常に雑で製作途中?」と書くほどであるので商品のクオリティに関しては要注意。

http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p72546474

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

野次馬BikeWatch

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキング今日も応援の程ヨロシクお願いします。

ヤフオクに06式と思われる赤CBR150用カウル一式が出品されている。開始価格は1000円から。最低落札価格も設定されていない模様。写真を見る限り状態は悪くなさそうだ。しかしこのサイズだと送料も馬鹿にはならないので入札時には注意が必要だろう。また同時に出品されている開始価格100円のCBR150用IRC純正タイヤも要注目だろう。

一発物の注目度の高い物件だけにいくらぐらいで落札されるのかが見ものだ、僕の予想では4万ぐらいといった所だろうか。

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h42546796

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

今週見つけた主だった新製品

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングに参加中、ご協力よろしくお願いします。

エンデュランスはタイホンダ製ATスクーター「エアブレード」を12/1の発売を発表した。価格は消費税込みで288,750円(自賠責・登録料を除く)

同社によると従来の同排気量タイ製スクーターよりも10%以上の出力向上が見られるとの事。

前後キャストホイールを採用のほかフロントディスクブレーキ、LEDブレーキランプ、シャッターキーなどを採用するなど充実の装備が特徴。カラーリングはスポーツホワイトとトータルブラック。タイホンダのページでは新色も追加されているようだかこちらやスポークホイールモデルの販売予定は不明。

エンデュランス

製品紹介 http://www.endurance.co.jp/thai_list_airblade.htm#2006-11-30

写真 http://www.endurance.co.jp/thai_list_airblade/photo.htm

APホンダ

http://www.aphonda.co.th/product/air_blade/template0.asp

http://www.aphonda.co.th/product/air_blade/template1.asp

http://www.aphonda.co.th/product/air_blade/template2.asp

http://www.aphonda.co.th/product/air_blade/template3.asp

http://www.aphonda.co.th/product/air_blade/template4.asp

http://www.aphonda.co.th/2006/promotion/page85.asp?id=758

ブログ内 関連記事

http://re-cbr150r.cocolog-nifty.com/bikewatch/2006/07/air_blade_2e63.html

http://re-cbr150r.cocolog-nifty.com/bikewatch/2006/07/post_1867.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

ERF125RS改(公道仕様)こっそり発売中?

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキング願いします。

以前エンデュランスが発売していたCBR125RRは「国内ホンダからの圧力により販売停止に追いやられた」ともっぱらの噂であるが。競技車両であるERF125シリーズは現在でも販売が継続されている。その中にCBR125RSというモデルがあることはご存知であろうか。

商品説明を抜粋すると

ERF125RSは、CBR150Rをベースに、新開発ピストンを組み込み124.7cc化を施す事でイージー&リーズナブルにレース参加出来るよう作られた、ENDURANCEオリジナルのスペシャルモデルです。
耐久レース等にも参加できるようにライト等を取付けたモデルです。

となっている、早い話がCBR150をボアダウンしてミラーを取り外したモデルということのようである。ここにミラーと国内保安基準に適合したウインカーを取り付ければ、手軽に公道走行が可能な車体となる。

●ERF125観察

一昨日の話だがモトピットジュンに来店した際、同店オリジナルのERF125RS改公道仕様モデルを発見したので写真を取らせていただいた。

Sany0015

フロントだけを見るとCBR150との違いはわからない。

Sany0016

横から見るとERFのロゴが入っており、しっかりと"対策"がされていることが伺える。しかしどうせならタンクの方も同色にペイントしたいところだ。

Sany0023

メーター周りは150と全く同じである。

Sany0018

写真左側がERF125RS改、右側がCBR125R(ヨーロッパ仕様)、余談だがマフラーとブレーキランプ、ウインカーの違いが見て取れる、またリヤ周りではタイ仕様がブレーキランプとナンパー灯を併用し、ウインカーを内蔵しているのに対し、ヨーロッパ仕様ではブレーキランプ、ナンバー灯、ウインカーがそれぞれ独立している。

Sany0024

タンクのアップだがこのシールをはがすと羽っぽい何かが出てきて非常に危険な予感がする。ここもしっかりと"対策"済みのようである。

さて、原付2種登録可能でファミリーバイク特約の利用可能なこのERF125RB改公道仕様だが同店では¥344,800で販売している。125クラスのスポーツ車を探しているのならば一度足を運ぶ価値はあるだろう。

●ERF125RSがエンデュランスオリジナルマフラーを採用しない理由を邪推してみる

ここから先は僕の勝手な憶測だがおそらくエンデュランスの代理店なら何処でも同仕様のERF125RSショップオリジナルカスタム車両が購入可能ではないかと思う。少なくとも名古屋のエンデュランス代理店グリーンパークでは同様の車体を販売していることを確認できる。気になる方は近くのエンデュランス代理店に相談してみてはいかがだろうか。

今回紹介したERF125RSだけれども、エンデュランスも"それ"を前提に卸しているのではないかとの質問には同店店長も苦笑を返すだけであった。

撮影協力:モトピットジュン

CBR125RR生産終了の告知と製品案内
http://www.endurance.co.jp/thai_list_cbr125rr.htm

ERF125RS製品案内
http://www.endurance.co.jp/race_list_erf125rs.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

もうすぐ出そうな新製品06/11/25

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキング今日はエアブレードの話題をランキングのためにぽちっとお願いします。

Sany0006

製品名:エアブレード

メーカー:タイホンダ

タイで人気の水冷110CCオートマティック車、エアブレードを横浜の青葉区で発見。エンデュランスより入荷した物と思われる。キャストホイールであることからNC110ACのようである。

Sany0010

メーターは140まで振られている、店長によると100までは出るとの事。

Sany0008

シャッターキーを採用。

Sany0009

セルスタータとキックペダルの両方が使える模様。

Sany0012

Sany0014

こちらはオプションの外装部品、カーボン風の模様が美しい。タイホンダの純正部品。なおオーディオの取り付けに関しては要相談との事。

撮影協力:モトピットジュン

 iTunes Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧