2007年10月19日 (金)

無差別級と125以下の狭間で。/CBR150R

さて、このブログを更新するのも随分と久しぶりである。特別何もしていないので書くことも無いというのが実情なのだが、トラブルに会わないと言うのは良いことである。

●7ヶ月ぶりのスポーツ走行

昨日久々に例のカートコースに再挑戦してきた。タイムは若干短縮できた、こちらのコースレコード内の何故か125cc以下(ミニバイク)に掲載されている。管理者側の温情措置といったところだろうか、しかし他の4st100ccなどで頑張っている人たちには少々申し訳がない気もする。

前回からの車体の変化は、

  • バックステップの使用
  • タイヤ交換
  • ドライブスプロケットの14丁化

以上となる。

まず前回走行においてステップを擦ってしまっていたので、バックステップを入れることにした、おかげで今回はステップが接触してヒヤリとする事はなかったが普段の走行ではヒザがとても窮屈である。BT39SSは減りが早いこと以外は不満点はない。ドライブスプロケットの変更は僕のレベルでは正解だったと考えている。狙いは低速からの再加速に掛かる時間の短縮だが、本来であれば半クラを使うなどして対処するのではないかと思うのだがそういうテクニックを持たない以上他に手はなかったと思う。

また遂にレーシングスーツに手を出してしまった、今まで転倒しなければ必要がないと考えていたが実際に着てみるとブレーキのときに腕や胸の筋力で身体を支える必要が小さくなり非常に快適であった。

今回の走行では1コーナーの脱出時点で2コーナーの突入準備を終えておくこと、ブレーキを強く短くかけるとこに注意した。特に後者は開ける時間を長く取ると言うことと表裏一体でありより追求していく必要があると感じた。

コースに到着したのが2時と遅くなってしまったがカートの人が居なかったためずっと走り続けることが出来た上に、他のバイクの人たちが疲れた後だったためか一時はコースを自分ひとりで専有してしまうというとても贅沢な1日であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

タイヤ交換/CBR150R

20070317109

リヤタイヤのセンター付近でスリップサインが出始めてきたので保土ヶ谷のMCタイヤランドでタイヤ交換を行った。写真はピット中の風景。

選択したタイヤはBT39SSでF80/90-17(¥6100)、R100/80-17(¥7100)

作業は非常に迅速、見る見る間に交換が完了した。作業工賃は2000×2で4000円非常に安価であると思うがどうだろう。

タイヤ交換と同時にバルブの劣化も指摘されこちらも交換した。タイヤ+バルブ+交換工賃+廃タイヤ処理でしめて18500円。

作業後にチェーンの張りが強すぎるとアドバイスを頂いた、これだけでも3~4馬力のロスをしてしまうことがあるとのこと。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

転ばぬ先のウインカー交換/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

20070314103

前回の転倒を教訓にウインカーの交換を行うことにした。今回選択したウインカーは両面シールで自由な位置に取り付け可能なエアロフラッシュだ。取り付けは非常に簡単でもともとついていた配線を差し替えるだけである、価格も3500円前後と割りとリーズナブルであることもありがたい。

貼り付け位置はミラーにした。ここならおそらくはウインカーが壊れるだけで済むだろうし今後スポーツ走行を行う際にミラーとウインカーを同時に取り外すことも出来る。難点はケーブルが届かないことぐらいだろうか。これも用品店等で販売している延長カプラなどを利用することで解決可能。

僕のCBR150はエンデュランスのウインカーが取り付けられていたが、転倒時にウインカーの土台になっていたカウルにまでダメージが及んでしまった。

もともとの設計では国内基準を通らず、本来ウインカーを取り付けることを想定していない箇所に取り付けられているのだから仕方が無いかも知れないが、あらかじめ交換しておく事を強くお勧めする。

SEC/ エアロフラッシュAタイプ

デイトナ/ モーターサイクル用配線コードセット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

FSWカートコースラップタイムに掲載/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

FSWカートコースでは、ラップタイムをWEB上で掲載しており走行後に掲載希望の旨を専用の用紙に書き込むことで追加される。

●コースレコードの下から4番目

先日の走行後に掲載希望を行ったので、3/12日の更新に追加されている。こういった場所での走行を未経験の人にしてみれば小さいところをぐるぐる回って何が楽しいのかと思われるかも知れないが、バイクで走ることが好きなら必ず楽しいと思ってもらえるので是非一度足を運んでみていただきたい。

さて、タイムを縮めるために3箇所程度CBR150に手を加えたいと考えている。タイヤとステップと後もう一つは目論見が当たったらお伝えしたい。外れたときは無かったことにするつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

初転倒/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

今朝通勤時に転倒した、リヤタイヤからのスリップダウンだ。ペースしては雨天と言うこともあり普段よりも大分抑えていたのだがオイルでも踏んだのだろうか、こういうこともあるだろう。ブログのネタぐらいにはなりそうなので、今回のダメージを紹介しておく。

●ウインカー

20070311060
2007031106320070311066

ウインカーは完全に壊れてしまっているので交換が必要である。ウインカーに押されて土台になっていたカウルも割れてしまっている。この取り付け方には強度的に少々疑問である。

●ブレーキペダル

20070311062

少々曲がってしまったが踏めるので問題なし、踏み辛くなる様だったら適当なめがねなどを使って曲げ戻すところだが、そうするまでも無さそうなので今回は現状のままとする。

●ハンドル周り

2007031107120070311072

クラッチとバーエンド、どちらも問題なし。

20070311058

ハンドルカバーに穴が開いてしまっている。

20070311073

これで問題なし。

●装備

雨天であったためレインコートを着ていたのだが、これは穴が開いてしまっていたので破棄。虫の知らせが働いたのか今日は運がいいことに先日購入したレーシングブーツを使用していた。

20070311079
2007031107720070311078

勿論この程度のダメージならそのまま使用するのだが、面白いことにダメージを受けた箇所は全て交換可能、中々良くできたものである。

●怪我

20070311083

いつでも安全装備なので、膝にごく軽い擦過傷と打撲のみ。何よりスピードを出していなかったのが大きい。

雨が降っていたため転倒したのか雨が降っていたため大きな怪我をしなかったのかは微妙なところである。

| | コメント (37) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

今週見つけた主だった新製品

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

エンデュランスはCBR150Rにオーリンズ製サスペンション等を備えた同社オリジナルチューニングモデルCBR150R typeRにノーマルカラーのカウルを取り付けたCBR150R typeR Blackを発表した。価格はレッドモデルより据え置きでレプソルカラーのtypeRよりも、4万2千円安い50万4千円となっている。

50万円を出せるなら、パワーで圧倒的に勝る4stマルチの250なども視野に入ってくるが、シングルスポーツに深い愛着を持つ人やどうしても150CCでなくてはならないオーナー候補に是非お勧めしたい。

なお、WEBの説明からはフロントサスがオーリンズ製となっているかの判断がつかないが、買う気もないのにプレス気取りで質問できるほど人間終わっていないので、本気で購入を検討しているならばご自分で調べていただきたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

なまら遅くね!?/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

2007030318

今日は、実際にCBR150で富士スピードウェイのカートコースを走行してきた。こうしてキーボードを叩くのも辛いぐらい筋肉痛で腕に力が入らないのだけど、結果は116週を走りベストタイムは106週目に出た35.905だった。(写真は128メートルのストレート)

●全力で走れる喜び

2007030302

2007030305

CBR150のミラーを取り外し保安部品をテーピングした状態、普段からサーキットに通っている人たちにとってもタイ車は珍しいのか割と物珍しそうに見られていた。

ミラーの取り外しは六角レンチ一本で出来るので、自走で到着したら直ぐに走れるようにに準備できる。

2007030314

この程度のタイムでもステップは軽く擦る、ステップのバンクセンサーは第一セッションが終わった段階で取り外した。

2007030310

タイヤもフロントはほぼ端まで使っている。倒すことと曲がる事は違うということだろうか、とは言え車体のバンク角そのものも重要な要素なのでバックステップは倒さずに曲げるテクニックと共に今後の検討課題とする。

●今後の課題

速く走ったから何があるという物でもないけれど、僕もCBR150もこの程度の最底辺のタイムで満足しているわけじゃない。今回一番モタツキを感じたのがストレートの前後、パナソニックコーナーと第一コーナーこの2箇所で大きくタイムをロスしているように感じた。どちらも非常にRのきつい低速コーナーであり、此処からの加速をどうすれば良いのかが大きな課題になると考えている。

第一コーナーからの脱出が上手く行かないので、コカコーラコーナーまでのんぴりピクニックを楽しむことになる。100R(どう見ても半径は遥かに小さいのだが)ヘアピンはそれなりに走れているがそれを抜けた先にあるダンロップコーナーがもう一つの曲者でブレーキングポイントを手前にとりすぎてしまう、はじめのうちは中々ラインが見えてこなかったので苦労したが、まだ縮めることは出来そうだ。ダンロップコーナーから先ネッツコーナーパナソニックコーナーは一つのまとまりとして考えないと走れそうに無い。

もし興味を持って走りに行くのであれば、取り合えず僕のタイムを最低基準値にすえてみてはどうだろう。

●うちに帰るまでが遠足

自宅を出た後、横浜町田インターのあたりで満タンまで給油したのだが御殿場までの往復とサーキット走行でガソリンを使い切ってしまった。いくら燃費の良いCBR150とはいえ、こういう走り方をすれば60Kmほどの走行でも4~5リットルを使ってしまうらしい。高速道路を降りる頃には燃料系もEを指していて多少ヒヤヒヤした。

コースレイアウト(PDF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

走りに行きたい/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

20070302050

日ごろから僕は安全運転を心がけている、それはとても素晴らしいことだし財布にも優しい。おかげで今年の任意保険はまた等級が上がりたった2万6千円で済む。でも僕だってバイクのりの端くれだしバイクに乗るのが好きで好きでたまらない人間の一人だ、時には全力でかっ飛ばしたいときもある。

●富士スピードウェイのカートコースが気になる

富士スピードウェイの駐車場を利用したカートコースでバイクの持ち込み走行が可能なのはご存知だろうか、計測器の貸出料金と合わせても4000円で一日走れる。前々から興味を持っていたのだがレーシングブーツが必須との事なのでSIDIの一番ローコストなモデルをそれでも奮発して買ってしまった。安全面を考えれば本当は皮ツナギも用意したいところだが予算の都合もあるので今回は普段のライディングジャケットで我慢をしようと思う。

その他現地で最低限必要な工具と転倒時の部品飛散防止用のビニールテープも準備したので土曜日あたり走りに行きたいと考えている、遠地への自走の上、装備面でも万全とはいえないのできっと何処か一歩引いた走りをすることになると思うけれど、普段よりははるかに限界に近いところで走れると思うと今から楽しみで仕方が無い。

お詫びと訂正

料金に関してはFSWへ入場料(通常時大人1000円)が別途必要になります。読者の皆様に誤解を与えかねない記事を掲載したことを、お詫びして訂正いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

7000キロオイル交換・消耗品点検/CBR150R

にほんブログ村 バイクブログへ バイクブログランキングご協力お願いします。

07_02_26_49

●3回目のオイル交換

07_02_26_50 

CBR150の走行距離が7000キロに達したので3回目のオイル交換をした。今回はオイルの受け皿の変わりに使用済みの洗面器にビニール袋を2重にしたものを被せて使用した。オイルを抜いた後はビニール袋の中に古新聞などを細かく割いたものを詰め込み吸収剤の代わりとした。新聞紙は意外とオイルの吸いが弱いので3日分ほど用意。

●タイヤの磨耗とブレーキパッドの点検

07_02_26_44

溝は未だ十分に残っているが台減りがひどい。

07_02_26_42

フロントのブレーキパッドまだまだ十分に余裕がある。

07_02_26_43

リヤのブレーキパッドは殆ど減っていない。最後まで交換しないまま終わりそうな勢いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

野次馬BikeWatch

ヤフオク出品業者のSiamWorldがCBR150用のカスタムカウルセットを出品している。

出品タイトルによると同じ出品物はこれが最後となるようだ。ということはひょっとすると次からはクオリティのアップした商品に切り替わるというのは少々深読みしすぎだろうか。

1円からの出品だがすでに入札が入っており、過去の落札状況を見ると今回も激戦は必死と見てよいだろう。

しかし出品者自ら「非常に雑で製作途中?」と書くほどであるので商品のクオリティに関しては要注意。

http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p72546474

| | コメント (2) | トラックバック (0)